CISA合格者 関口 忠さん

CISA合格者 関口 忠さん

得た知識は監査だけではなく、コンサルティングや設計・開発等にも活用できるものでした

関口 忠さん 大手IT関連企業 システムエンジニア

私は官公庁のお客様を担当していますが、最近ではシステム調達の入札の資格要件の中に『システム監査技術者もしくは公認情報システム監査人(CISA)(公認情報システム監査人)を取得していること』といった記述を多く見かけるようになりました。

CISA(公認情報システム監査人)取得の必要性を感じ、研修講座を探したところ、『DVD通信コース』が、幼少の子供の世話で土日の受講が困難な私にとって無理せず続けられる方法だと考え、アビタスに申込みました。

通勤の間にMCカードの問題を解きながら、誤った部分にチェックしておき、時間のあるときに該当箇所のテキストと照らし合わせたり、DVDを視聴したりしながら復習する方法により、短期間で必要なスキルの習得ができました。試験は単に知識を習得しただけでは解答できないものが多く、問題文の読解力が重要となります。 MCカードで数多くの問題を解くことにより、それを克服することができました。

CISA(公認情報システム監査人)で得た知識は監査だけではなく、コンサルティングや設計・開発等にも活用できるものでした。早期の段階でシステム監査の視点を盛り込むことで、大規模なシステム障害や情報漏えいなど様々な情報システムに対するリスクを緩和させる効果があります。

よって、CISA(公認情報システム監査人)取得は当初目標とした入札参加資格のクリアだけではなく、自己の知識の幅を広げ、結果的にはスキルアップにも繋がったと感じています。

CISA  CISA(無料)