CISA合格者 杉浦 本清さん

通学がメイン
国内
監査経験有

監査人としての見識をCISAの学習を通してさらに拡げることができたと実感

杉浦 本清さん 50代 (株)ニコン 経営監査部

学習期間: 3ヶ月

CISAを目指した理由

当社に於いては、最も重要な監査スコープの一つであるシステム監査の海外での導入が遅れていて、早期の対応が必須でした。しかし、残念ながら当部門にはITの専門家が当時一名のみしかおらず決して十分な体制でなかったことから、グローバル監査を統括する立場にいて、結局自らが海外におけるシステム監査を牽引しなければならないと強く認識していました。

そのような状況下、CISA取得前にCIAの資格を取り、ガバナンス等知識として重複する箇所もあって、引き続きCISAの資格も取得すべく集中的に勉強し、一気呵成にダブルサーティフィケートオーナーを目指すことにしました。

アビタスを選んだ理由

CIAを取得する際、講師の方の質の高さ、Eラーニング等も含めた勉強の効率性や講義場所の便宜も考慮し、アビタスを受講して資格を得ることができました。

その経験から、引き続きCISAの勉強でもアビタスを選び、多少無謀であったかもしれませんが、3か月の勉強期間で成功裏に試験を終えることができました。

勉強に集中させてくれるアビタスのプログラムが、このチャレンジの成功要因であったと思います。

CISAの学習を通じて得た事

CISAの取得後、現在はCIAとCISAの取得に向けた学習で得た知識を活用して、海外でのシステム監査における要点を取りまとめ、海外の監査人を導いています。ITの専門家出身でありませんが、内部監査人の立場からシステム監査を主導することは重要であり、加えてCISAで得たITの知識がその監査活動に於いて説得力を持つことになっています。

目指すべきシステム監査を実施するにあたり両資格の取得は理想的であり、また個人的にも監査人としての見識をCISAの学習を通してさらに拡げることができたと実感しています。

これからCISAを目指す方へのアドバイス

CIAを取得されている或いはこれから目指す方には、時を経ずCISAの取得をお奨めします。両資格を持つことにより、専門知識を増やすとともに、監査の視野も確実に拡がります。また、両資格において内部監査の基礎は共通であることから効率的な勉強ができ、またモティベーションを保持しつつ学習をすることができるでしょう。

但し、これら決して易しくない両資格の学習では、家族や恋人など身近で支えてくれる人達の多大な理解と支援が必要です。よって、資格の成功裏な取得後は、あなたの感謝の気持ちを目に見える形で彼らに表してください!

CISA  CISA(無料)