CISA(公認情報システム監査人)認定を受けるには

CISAと認定されるには

CISA試験に合格の上、下記の条件を満たす必要があります。

(1)CISA(公認情報システム監査人)認定に必要な実務経験を持っていること

認定に必要な実務経験の詳細を確認する

 

(2)ISACA制定の「職務倫理規定」を遵守すること

ISACA制の「職務倫理規定」を確認する

実務経験は、最低5年間の情報システム監査、コントロール(管理)、セキュリティ分野のいずれかの実務経験を証明する経歴証明を提出する必要があります。

ただし、以下のような経験により、この5年間の実務経験の一部を代替することが可能です。(最大3年まで)

最大1年間の情報システムまたは1年間の非情報システム監査経験は、1年間の経験に代替することができます。
情報セキュリティまたは情報技術の修士号は、1年間の経験に代替することができます。
取得した60〜120単位の大学の履修単位(2年または4年の学位相当)は、10年以内という規則に制限されることなく、1年または2年の経験に代替することができます。
コンピュータサイエンス、経理、情報システム監査での2年間の常勤大学講師としての経験は、1年間の経験に代替することができます。

これらの実務経験は、認定申請日からさかのぼって10年以内、あるいは最初に試験に合格した日から5年以内の経験に限 ります。もし、認定申請が試験日から5年以内に提出されなければ、試験を再度受験し合格する必要があります。

(参考)実務経験の証明方法

実務経験の証明方法実務経験の証明は、ISACAのWEBサイトに用意されている「Application for CISA Certification」を用います。ご自身の経験に該当するタスク項目チェックを入れ、証明者として「職場の上司」からサインを貰うだけで書類は完成となります。

 

あとは、ISACAのWEBサイトから申請手数料を支払い、

  • Application for CISA Certification 用紙
  • 出身大学の「英文卒業証明書 1通」と「英文成績証明書 1通」(※コピーでも可)

をEメールにてISACA本部に提出すれば申請完了です。

申請から、約8週間で認定されます。

CISA認定を維持するには

CISA保有者は、専門家として常に最新の知識と能力を保有していることを証明するために、継続教育プログラム(CPE: Continuing Professional Education)の実施と報告が義務付けられています。

認定された翌年から「毎年最低20CPE、3年間で120CPE」の継続教育が必要となります。(1CPE=50分)

20×6年 20×7年 20×8年 20×9年
資格認定 最低
20CPE
最低
20CPE
最低
20CPE
3年間で120CPE

また、毎年、上記継続教育時間の申請とあわせ、CISA認定の維持手数料を国際本部に納入する必要 があります。

ISACA会員 非会員
CISA認定維持手数料 $45 $85

これらを怠った場合、CISA試験の合格実績が取り消され、CISAの称号が使用出来なくなりますのでご注意ください。

継続教育(CPE)の取得方法について

CPEの取得方法は様々で、関連講座への参加や他試験合格など、内容とそれに要した時間により取得できるCPE単位数が異なります。 詳細は下記の公認情報システム監査人継続専門教育(CPE)方針をご確認ください。

継続教育(CPE)方針

 

 

CISA  CISA(無料)