2015年4月19日

最高情報責任者(chief information officer:CIO)という役職をご存知ですか?

CIO は以前は設けられることが少なかった役職です。

しかしながら、昨今の個人情報保護法の制定や頻発する情報漏洩事件に鑑み、企業における個人情報管理の責任者として、J-SOX 法に準拠した内部統制を構築・運用するうえで、中核的な役割を担うことが期待されています。最高情報責任者(chief information officer:CIO)という役職をご存知ですか

現在の日本企業では、専任のCIO が置かれる企業は多くはありませんが、情報システム部門でプログラマーやシステムエンジニアを務めた人物が昇格してCIO に就任するケースも出始めています。

2013年に電子行政推進の司令塔となる「内閣情報通信政策監(政府CIO)」職が新設されました。また、昨年12 月には、セブン&アイ・ホールディングスもCIO を正式な役職として置いています。

情報化社会が加速される中で、会社の繁栄はもとより、会社の存続に直結するといっても過言ではないシステム業務を統括するCIO は今後、最高経営責任者(CEO)・最高財務責任者(CFO)と並んで、会社のマネージメントを支える重要な役職となることは間違いありません。

システムの分野からステップアップして、会社の経営に携わりたいとお考えの方は、CIO を目指すパスポートとして、まずはCISA の資格取得をご検討されてはいかがですか?

CISA説明会(セミナー)では、CISAを学ぶことで身につくスキル、身についたスキルの活かし方、その後のキャリアパス等をご案内致します。

この機会にぜひご参加下さい。

無料説明会(セミナー)を予約する。
席に限りがあるため、お早めにご予約を。

バックナンバー

CISA  CISA(無料)